わかやま暮らしの始め方

【わかやまLIFE CAFE】Vol.2 「出会って育つ」を、かなえよう。スペシャルゲストに広瀬香美さん登場!

わかやまLIFE CAFE 
Vol.2「出会って育つ」を、かなえよう。わかやまで。
———————————————————————————-
◎スペシャルゲスト広瀬香美さんが「第0の故郷」わかやまに、オンライン宿泊してみた。
日時:2020年10月3日(土)19:30-20:30 (19:00開場)
主催: 和歌山県
共催:認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
定員:100人(申し込み先着順)
参加費:無料
*参加申し込み後、Zoom招待URLを発行します。
*事前申し込みの方の中から抽選で10名様に那智勝浦町の特産品プレゼント。

「ロマンスの神様」など数々のヒット曲で知られ、最近はYouTubeでも人気の歌手の広瀬香美さんは、実は和歌山県那智勝浦町の生まれ。しかし幼い頃に引っ越したため和歌山で過ごした記憶はほとんど残っていないそう。そんな広瀬香美さんが“第0の故郷”ともいえる那智勝浦町にある、ゲストハウス「WhyKumano」でオンライン宿泊を体験!Uターン移住者でもあるオーナーの後呂孝哉さんや地域の方々とオンラインでつながり、「わかやま暮らし」の魅力を聞き出します。出会いによって、人生の見え方が変わったり成長したことなどのお話や、和歌山へ移住した方々や、移住を考えている人たちの新しい夢を「かなえよう。」という気持ちを応援する楽曲披露も!
ご自身が作曲家を目指す中で、歌手という「自分らしさ」を見つけたというエピソードがテレビ朝日「しくじり先生」で幅広い世代に話題になり、歌手活動の傍らVoicyによる番組配信からファンに向けて「ありたい姿に向かう場所」Flagというオンラインコミュニティを開始するなど、ライフワークとして夢をかなえようとする人を応援する活動を行なう広瀬香美さんだからこそ伝えられる、力強いメッセージをぜひ感じてください。

◎広瀬香美さん
音楽家 ( 歌手 / 作曲家 / 作詞家 / 音楽監督 )
和歌山県那智勝浦町生まれ。幼少期から音楽の英才教育を受け、作曲家を志し、音楽科のある福岡女学院中学校へ入学。その後、同高等学校から国立音楽大学の作曲学科へ進学。卒業後に渡米。ロサンゼルス滞在中に制作した自作のデモ音源がレコード会社スタッフの耳に留まり、1992年にビクターよりデビュー。同年に1st シングル「愛があれば大丈夫」を発表後、「ロマンスの神様」「ゲレンデがとけるほど恋したい」「DEAR…again」などがヒット。冬の楽曲がCMを通して広がったことで、 ” 冬の女王 ” と呼ばれる。 毎年恒例のピアノ弾き語りコンサートや、バンドツアーの傍ら、ボイストレーナーやYouTube上での活動も行い、音楽を通してのつながりを作っていく活動を積極的に展開している。


◎「WhyKumano」オーナー
後呂孝哉さん
1989年和歌山県新宮市生まれ。大学・就職で約10年間関東で過ごし、「地元、熊野の魅力を世界へ広めたい」想いから新宮市へUターン。2019年7月、和歌山県南部・熊野エリア観光の拠点となる那智勝浦町にホステル・カフェバー「WhyKumano(ワイクマノ)Hostel & Cafe Bar」を開業。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年4月から実店舗を一時休業、オンラインを活用した〈家にいながらも旅の気分を味わうことができる【仮想宿泊体験】〉を提供する「オンライン宿泊」を開始。開始から4ヶ月で宿泊者は約500名に達する。コロナ禍以降の新しい社会の宿泊の概念をつくるべく活動中。

—————————————————–
<お問い合わせ先>
【わかやまLIFE CAFE】イベント受付事務局
Tel:0120-193-044
Mail:wakayama_event@exc-dmk.co.jp
(月~金10:00~17:00)
—————————————————–