わかやま暮らしの始め方

継業支援事業【特別編】学生インタビュー⑨ in 田辺市龍神村

人に見てもらうために人のしてないことをしたい

小川 日出國さん(おがわ ひでくに)
レストラン とおせんぼ
田辺市龍神村

 

-どんな活動をしていますか?

約30年間、レストランとおせんぼを営んでいます。実はこのとおせんぼは、1階がレストランで、2階はペンションという構造なのですが、現在ペンションは団体の合宿の予約があったときなど、特別な場合にしか使用していません。レストランは定休日の火曜日以外は自分のほかに従業員二人で、和・洋ともに定食メインで営業しています。

 

-はじめたきっかけはなんですか?

もともと商売が好きだったので色々な商いに挑戦していて、いくつかの経営を経験した後、レストランを始めてみました。
-一番大切にしていることはなんですか?

挑戦することですかね。実は約10年前にとおせんぼの2号店を出したんです。現在はもう閉店してしまいましたが。
好きになったことにはとことん凝るタイプなので、昔のことですが、例えば花に凝った時は店の周りを500を超える鉢植えとプランターで囲んだし、犬に夢中になれば、最高で15匹のグレートピレニーズという白い大型犬を飼ったりもしました。犬たちは店の外でお客さんをお出迎えする形になっていたので、犬が目印になって来てくれるお客さんもいました。
-今後の目標を教えてください

80歳まではお店を続けたいと思っています。気持ちはあってもやっぱり体力には限界ってものがあるので、80歳までのあと3年は営業していきたいです。