日の丸製炭

備長炭の製造販売

会社情報

事業者名(会社名) 日の丸製炭
住所 和歌山県田辺市本宮町伏拝229
業種 製造業
事業内容 備長炭の製造販売

炭といえば備長炭。そう連想するほどに聞き馴染みのあるものですが、なかでも最高品質として知られるのが、備長炭発祥の地、和歌山で作られる「紀州備長炭」です。

日の丸製炭では、熊野川上流の山のなか伝統的な方法で「紀州備長炭」を焼いています。炭焼職人として窯を守るのは中上順司さん。1995年に都会Iターンで本宮町へ移り住み、ゼロから窯を立ち上げました。失敗を繰り返しながらも独学で技術を身に着け、今では海外へ販売するほどになっています。

今回体験できる内容

材料は”うばめがし”のみを使用する、日の丸製炭の備長炭は、火力が強いのが特徴で焼物用として優れています。

今まで、オオカシ、コガシ、アカガシ、リョウブ、など炭に適している樹種は全て炭にしましたが、品質や効率の面から”うばめがし”に統一しています。ただし最近は”うばめがし”が採れにくくなっているため、材料の安定的な確保が課題となっています。

この体験では中上さんと共に、仕事の基本となる”うばめがし”の伐採のお手伝いを行う他、タイミングが合えば、炭焼きにも同席をいただき、備長炭づくりの一端をお手伝いいただきます。

仕事のこだわり

20年以上炭焼に携わってきたなかで「木に触っているのが好きだったから、この仕事を続けられた」と話す中上さん。伐採から炭焼きまで、一人で黙々と作業をすることが多いので、寡黙な人が向いているとのこと。

紀州備長炭の需要自体は年々増加しており、炭の価格も以前より高値で取引されているため、炭焼きを始める人も多いそうです。中上さんも備長炭づくりの仕事を継いでくれる人材と出会いたいと考えています。

紀州備長炭に魅力を感じ、将来製炭業を営みたいとお考えの方は、一度日の丸製炭のある本宮町を訪ねてみませんか?

注意事項

宿 泊 場 所 :近隣宿泊施設