田舎ごはんとカフェ朴

身体に優しい食事を楽しめるカフェの運営

会社情報

事業者名(会社名) 田舎ごはんとカフェ朴
住所 和歌山県田辺市中辺路町近露203
業種 飲食業
事業内容 身体に優しい食事を楽しめるカフェの運営

和歌山県中辺路にある、田舎ごはんとカフェ朴は、田辺市中辺路町近露にある地元の食材を使い里山料理を提供しているお店です。名前の“朴 bocu”は素朴の朴から。素朴でありのままに…自然のままに… を忘れずに。という思いが込められています。

お店は築100年の古民家を改装した空間で、マクロビオティックの考え方をベースにした里山料理を提供するほか、地域の文化を伝えたり、移住希望者のイベントなどにも活用されているそうです。

自家製のお米や地元農家の野菜を使ったプレートランチは、遠方からのファンやリピーターも多く、大勢の方に愛される人気カフェとなっています。

今回体験できる内容

店主は中峯幸美さん。お店で出す料理はケーキやおかしに至るまで全て中峯さんの手作りなのが特徴です。

今回の体験では、3日間を通して配膳や接客などカフェの基本的な業務のお手伝いをする他、中峯さんが料理を作る姿を間近で見学していただきます。希望する体験がありましたらお気軽にご相談ください。

「心の芯まであったまるようなおいしいを届けたい」という中峯さんの思いが詰まった料理が、どのように生み出されて、お客様の口に届けられるのか。体験を通して感じてください。

仕事のこだわり

店主の中峯さんは中辺路生まれ。17歳で都会へ出たあと、大阪で調理師として働くなかで、お米や野菜などの食材を自分でつくることに興味を持ち、27歳で地元へ戻ってきました。

Uターンしてからは、偶然に出会った古民家を一からリノベーションし、念願だった自分で育てた野菜を使った料理を振る舞う「田舎ごはんとカフェ朴」をオープン。お店は今年で13年目を迎え、今では遠方からも足を運んでくれるお客さんがいるほどの人気店となっています。

自分のやりたいことを形にした中峯さんと一緒に働く3日間は、自分のしごとと暮らしについて考える時間になるはずです。

注意事項

宿 泊 場 所 :近隣宿泊施設