パワーアシストインターナショナル株式会社

パワーアシストスーツの企画開発・設計・製造・販売

会社情報

事業者名(会社名) パワーアシストインターナショナル株式会社
住所 和歌山県和歌山市中649-3フォレストヒルズふじと台208室
業種 電気機械器具製造業
事業内容 パワーアシストスーツの企画開発・設計・製造・販売

パワーアシストインターナショナル株式会社は、和歌山大学では初となる大学発のベンチャー企業です。同大学の名誉教授である八木栄一さんが代表取締役を務め、作業者の力を支援する装着型ロボットの開発から販売までを行っています。八木さんが開発に携わった、着るだけで負荷を5~12キロ軽減させるパワーアシストスーツは、農業や物流・建設・介護など幅広い業界における重労働をサポートしています。

八木さんは、長らく大手機械メーカーで産業用ロボットの研究開発に携わっていましたが、2005年にロボット研究者を公募していた和歌山大学の教授に就任。それからほどなくして、県内の農家から農業用スーツ開発の要望を受け、パワーアシストスーツの研究を開始しました。その後、農林水産省から開発費の補助を受けるなどして、県工業技術センターなどと共同研究を進め、そして、実用化に至ったパワーアシストスーツを製品化するべく、2015年にこの会社を立ち上げました。

今回体験できる内容

体験当日は、会社の説明として、主な取り組みやパワーアシストスーツの紹介などを行います。その後、残った時間でソリッドワークスを使用したデータ作成や、新型スーツのディスカッションといった実務を体験していただく予定です。2日目以降も、引き続き実際の業務に取り組んでいただきます。

ご希望の方は、昼食の時間に八木さんから仕事の話はもちろん、和歌山での暮らしについてお話を伺うこともできます。パワーアシストスーツ研究の第一人者に、じっくりとお話を聞くことができる機会は、たいへん貴重と言えるでしょう。

※こちらの体験は、体験内容の特性上3D CADに関する技術経験者で、なおかつソリッドワークスを使用できる方に限らせていただきます。

求人・会社情報

パワーアシストインターナショナル株式会社では、パワーアシストスーツの機械設計技術者を募集しています。3D CADに関する技術経験者で、なおかつソリッドワークスを使用できる方であれば、年齢は問いません。ご希望の働き方や勤務日数などがあれば、相談も可能です。

このお仕事は、社会貢献の一端を担います。八木さんは、「高齢の農家にも少しでも長く農業を続けてもらい、女性の就農促進にもつなげられたら」という想いを掲げ、日々研究を続けています。そんな同社はこれから既存の2製品とは異なる、新たなコンセプトの新製品の開発を予定しており、その新しいパワーアシストスーツの開発に携わることができるチャンスです。

「和歌山から全国、さらには全世界を元気にしたい」と話す八木さんとともに、新たな可能性にチャレンジしてみませんか?

勤務地 和歌山県和歌山市
給与 経験・能力を考慮のうえ優遇
雇用形態 正社員(相談可能)
必要なスキル ソリッドワークスを使用した実務経験者
勤務時間 実働8時間(相談可能)

体験スケジュール

1日目(13:00~17:00)
1.ごあいさつ、やりたいことや目的の確認
2.パワーアシストインターナショナルの仕事の説明
・主な取り組みの説明
・パワーアシストスーツの体験
3.仕事のお手伝い
・3DCADを使用したデータ作成
・新型スーツのディスカッションなど
※実際の仕事状況によって変更があります。

2日目(9:00~17:00)
1.仕事のお手伝い
・3DCADを使用したデータ作成
・新型スーツのディスカッションなど
※実際の仕事状況によって変更があります。

3日目(9:00~15:00)
1.仕事のお手伝い
・3DCADを使用したデータ作成
・新型スーツのディスカッションなど
2.最後のまとめ
・体験の感想、質疑応答

 

注意事項

最少催行人数:1名
費用:無料(宿泊費別)※宿泊費は一部補助あり。
宿泊場所 :近隣宿泊施設