TOP ≫ 空き家情報を利用したい方

空き家情報を利用したい方

移住に際し空き家の賃借や購入を希望する(予定を含む)方は、空き家バンク情報利用者登録申請書兼誓約書を提出してください。登録申請や登録内容の変更等については、下記の様式をダウンロードし、必要事項を記入の上、和歌山県住宅供給公社(和歌山県定住支援住宅管理機構)までご持参いただくかご郵送ください。

1.情報利用者登録の方法
空き家バンク情報利用者登録申請書兼誓約書により登録します。 登録が完了すれば、空き家バンク情報利用登録完了書により通知します。
2.利用希望者登録の情報を変更する場合
空き家バンク情報利用者登録事項変更届書により登録情報を変更します。
3.利用希望者登録を抹消する場合
空き家バンク情報利用者登録抹消届により登録情報を抹消します。
4.情報利用者登録の流れ
5.空き家を実際に借りる・購入する方
「空き家バンク」に登録された空き家のうち、賃貸又は売買の交渉が完了し、空き家を特定して利用を希望される情報利用者は、空き家バンク空き家利用届書を提出いただきます。

1.空き家利用の方法
下記の様式をダウンロードし、必要事項を記入の上、空き家の住所がある市町村の移住担当窓口等までご持参いただくか、ご郵送ください。
6.空き家バンク掲載物件の賃貸借・売買契約を結ばれる方

1.空き家所有者と利用希望者が契約を結ぶ場合
当事者間において売買又は賃貸借の交渉を行い、契約にあたっては、市町村の判断により、田舎暮らし応援県わかやま推進会議が委嘱する「田舎暮らし住宅協力員※」の支援を受けることができま す。

※田舎暮らし住宅協力員とは、県内で宅地建物取引業を営んでおり、担当する地域で市町村等と連携して空き家住宅の賃貸借等に係る宅地建物取引の契約支援を行います。

2.和歌山県住宅供給公社理事長が借り主及び転貸人となる3者契約を結ぶ場合
賃貸借の場合、空き家バンクに登録された空き家が耐震空き家であり、所有者及び利用希望者が望む場合は、和歌山県住宅供給公社理事長(以下、「理事長」とする。)が借り主及び転貸人となる賃貸借を交わすことができます。

この場合、所有者及び利用希望者は、当事者間で賃貸借の条件等について交渉し、理事長にその内容を報告していただいたうえで、契約の手続きにはいります。


※詳細については、和歌山県住宅供給公社もしくは和歌山県移住定住推進課にお問い合わせください。
和歌山県住宅供給公社 073-425-6885
和歌山県移住定住推進課 073-441-2930