わかやま暮らしの始め方

【東京開催】“なにする?わかやま。“農ある暮らし編

~暮らしに欠かせない食材を自らつくる~
ナリワイとしての農家 収穫した野菜を提供するカフェ
多様なかたちで農に親しむ 生きがいのある暮らしとは

イベントでは「農ある暮らし」を楽しみに尽くしている先輩移住者が登壇!
きっと今後の移住計画の参考になるはずです。
是非、お気軽にご参加ください。

開催日時 2019年1月27日(日) 17:00~19:30(16:30開場)
開催会場 ふるさと回帰支援センターセミナールーム
東京都千代田区有楽町2−10−1 東京交通会館8F
定 員 30名様(先着順)
申し込みは下記フォームより入力ください。
主 催 和歌山県
共 催 認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
コンテンツ
<ゲスト>
●藏光俊輔さん
2011年京都府から日高川町に移住。
大学在学中から将来は農業を継ごうと決め、これからの農業は営業が重要になってくると考え、民間企業に就職。
東京や京都で営業、経営企画、総務等の仕事を経て、2010年30歳の時に結婚し、2011年和歌山にUターンし就農。
「知っていることが自慢になる」農園を目指し、インターネットで自分で作った農産物を販売するほか、
地域の子ども達を対象にした寺子屋や地域を元気にする活動である御坊日高博覧会に参加するなど、地域づくり分野においても活躍中。

●南条紀子さん
2015年東京都から古座川町に移住。
東京の編集プロダクションで15年間、雑誌の編集・ライターの仕事をしていたものの、自然と関わる仕事がしたい、
イチからモノを作る仕事をしたいという思いが強くなり、農家になることを決意。
1年間、神奈川県の農業大学校に通った後、2015年に和歌山に戻り、就農。
「農を通して、人が集まる場所を作りたい」と、2017年に農家カフェを始める。カフェの調理担当、パン作り担当、
畑スタッフの3人の女性とともに「農ある暮らし」を実践中。

<スケジュール>
16:30 受付開始
17:00 オープニング
17:05 ゲストトーク  テーマ「人と人をつなぐ農」「農を通した場づくり」
18:25 休憩
18:35 座談会  先輩移住者との交流会を実施します。ゲストに気軽に質問しよう!
19:20 クロージング
19:30 終了

くわしくはコチラをご覧ください。

本件に関するお問合せ
(運営事務局窓口)
株式会社アプリ 植北・藤田・河野(かわの)
電 話:06-6208-3456
E-mail:wakayama@a-pply.com

【お申し込みフォーム】
<個人情報取り扱いについて>
ご入力いただいた情報は、本事業を主催する和歌山県、参加自治体及びNPOふるさと回帰支援センター、県より本事業の運営委託を受けた株式会社アプリによる移住に関する情報提供、イベントの品質改善にのみ使用いたします。また、上記団体の個人情報管理に関する規定に則り適切に管理します。


■お名前(漢字)(必須)


■お名前(かな)(必須)


■年齢(必須)


■メールアドレス
(必須)

■メールアドレス(確認用)(必須)


■参加人数(必須)


■自由記入欄