わかやま暮らしの始め方

【東京開催】“なにする?わかやま。“ 空き家活用編

~ゲストハウスをデザインする~
近年、地方で増え続けている空き家。一方、それらを住居だけでなく、カフェやゲストハウス
として活用する事例が全国で広がっています。

今回はその中でもゲストハウスにフォーカス。「地球一個分の暮らし」コンセプトにした
ゲストハウスオーナーと全国150件以上のゲストハウスを旅する編集者をゲストとして迎え、トークイベントを開催します。
和歌山県への移住に関心のある方だけでなく、地方暮らしやゲストハウス起業に関心のある方など、ぜひお気軽にご参加ください。

開催日時 2019年3月17日(日) 17:00~19:30(16:30開場)
開催会場 ふるさと回帰支援センターセミナールーム
東京都千代田区有楽町2−10−1 東京交通会館8F
定 員 30名様(先着順)
申し込みは下記フォームより入力ください。
主 催 和歌山県
共 催 認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
コンテンツ
<ゲスト>
前田 有佳利さん
2014年東京都から和歌山市に移住。
和歌山県出身。京都・大阪・東京と10年間地元を離れるも、
ローカルの面白さに惹かれてUターン。全国150件以上のゲストハウスを
旅するローカル編集者となる。
「世界観が広がるような“暮らしの選択肢”を贈りたい」。
そんな想いからゲストハウス紹介サイト「FootPrints」を運営し、
初の全国版ガイドとなる「ゲストハウスガイド100」も出版。
フリーランス「noiie」として執筆・編集・企画を担う。
また、次世代に和歌山の可能性を届けようと“理想の仮想商店街”を
つくるイベント「Arcade」に実行委員として携わるなど、
和歌山を拠点に活動しながら全国へ発信し続けている。

森 雄翼さん
2014年京都府から新宮市に移住。
熊本県出身。2011年の東日本大震災をきっかけに価値観が大きく
変化し、エネルギーも含めて自給自足の暮らしをしたいと思うように。
結婚・子育てをきっかけに、理想の暮らしを求め、和歌山県新宮市
にIターン。
空き家を1年以上かけて自らリノベーションし、“地球一個分の
暮らし”をコンセプトにしたゲストハウス「ikkyu」をオープン。
太陽光発電や薪ボイラーシステム、排泄物を肥料に変えるコンポスト
トイレを採用し、自家発電のみで使用電力をまかなう「オフグリッド」を
実現。日本人はもちろん熊野古道を訪れる外国人観光客からも
好評を得ているゲストハウスオーナー。

<スケジュール>
16:30 受付開始
17:00 オープニング
17:05 ゲストトーク
18:25 休憩
18:35 座談会  先輩移住者との交流会を実施します。ゲストに気軽に質問しよう!
19:20 クロージング
19:30 終了

くわしくはコチラをご覧ください。

本件に関するお問合せ
(運営事務局窓口)
株式会社アプリ 植北・藤田・河野(かわの)
電 話:06-6208-3456
E-mail:wakayama@a-pply.com

【お申し込みフォーム】
<個人情報取り扱いについて>
ご入力いただいた情報は、本事業を主催する和歌山県、参加自治体及びNPOふるさと回帰支援センター、県より本事業の運営委託を受けた株式会社アプリによる移住に関する情報提供、イベントの品質改善にのみ使用いたします。また、上記団体の個人情報管理に関する規定に則り適切に管理します。


■お名前(漢字)(必須)

■お名前(かな)(必須)

■年齢(必須)

■メールアドレス
(必須)

■メールアドレス(確認用)(必須)

■参加人数(必須)

■自由記入欄