株式会社 仏手

すさみ町で絶景の海辺カフェを運営

会社情報

事業者名(会社名) 株式会社 仏手
住所 和歌山県西牟婁郡すさみ町見老津2-1
業種 飲食業・アウトドアショップ
事業内容 イタリアンカフェ、アウトドアショップの運営

「こんな海を見ながら食べたら、なんでもうまいと思う」。株式会社仏手が営むイタリアンカフェ・BUSH DE COFFEEの目の前には、そんなスタッフの言葉通り、思わずため息をついてしまうような雄大な海が広がっています。

代表の橋本万吉(はしもとまんきち)さんは10年ほど前に田辺市で開業し、2016年よりすさみ町見老津に移り現在のお店をオープンしました。

また、2019年2月からは建物の地下でアウトドアショップ・BUSH DE BRUNTを開始。隠れ家や秘密基地を連想させる店内には、橋本さんの独創性あふれる洗練された商品が並んでいます。ショップには、インスタグラムなどを通じて情報を得たファンが、「ここでしか買えない商品」を求めて全国から足を運びます。

今回体験できる内容

建物の大部分が透明なガラス張りになっているBUSH DE COFFEEの店内からは、青々とした海と空の景色を存分に味わうことができます。それはお客さんだけでなくスタッフにとっても癒される空間。

体験当日は、オープン30分前の10半から準備を開始し、ホールでの接客やドリンクの提供、簡単な料理の盛り付けなどを行ないます。

料理には、地域の野菜や自家製のハーブを使用。鶏肉と牛肉にすさみ町のイノブタを加えたボロネーゼや、紀州の梅を使ったパスタなど、地域オリジナルのメニューを心掛けて提供しています。オーダーが落ち着く14時半ころから、スタッフと一緒に少し遅めの昼食をいただきます。

移住のきっかけ

BUSH DE COFFEEで働く津村さんは、21歳の頃橋本さんと出会い大きな影響を受けたといいいます。橋本さんや周りにいる一世代上の先輩たちが、職種を超えて楽しそうにしている様子がとてもかっこ良く見え、憧れを抱いたそうです。

田辺市の店舗で一年間働いたのち、「もっといろんな仕事をしてみたい」と一時大阪へ。その後、本格的にピザづくりの修行をしてBUSH DE COFFEEに帰って来ました。

仕事で大切にしているのは、美味しい料理を提供した上で、お店の雰囲気にゆるさを持たせること。「イントネーションもそうやけど、田舎ならではのカジュアルな接客を通じて安心感を出したい」と話します。津村さん自身、地元の見慣れた町並みや人間味ある人たちから得た安心感がUターンの理由の一つでもあります。

ロケーション抜群のイタリアンカフェで、仕事や暮らし、人生について考えながら津村さんたちと一緒に働いてみませんか?

注意事項

宿 泊 場 所 :近隣宿泊施設