ゲストハウス富貴宿

「富貴」に佇む古民家ゲストハウス

会社情報

事業者名(会社名) ゲストハウス富貴宿
住所 和歌山県伊都郡高野町東富貴1142-3
業種 宿泊業
事業内容 標高六百メートルの天空の町「富貴」に佇む古民家ゲストハウス

和歌山県と奈良県の県境近く、標高600mの天空の集落「富貴」は、京都や奈良などから高野山へつながる参詣道の要として栄えてきた土地です。しかしながら、高野山までの道が九度山、かつらぎと拡張されていく中で、いつのまにか時代の中で忘れられてきた土地でもあります。

そんな富貴で「旅の起点」となる場所を作っているのがゲストハウス富貴宿です。もともと東京でグラフィックデザインなどの仕事を手掛けていた関根とものりさんが、20年ほど誰も住まなくなった家を、友人や地域の方々の協力しながら1年程かけリノベーション。2018年4月ゲストハウスとして甦らせました。

今回体験できる内容

高野山の玄関口にある宿として、日本人はもちろん多くの海外の方が富貴宿を訪れ、街道の趣が残る富貴の町を楽しまれています。

また、朝食では自家製酵母で焼き上げたパンを提供する他、希望者には富貴で育てられた無農薬のお米や、お野菜を使用したおまかせの家庭料理を提供し、食を通じても地域の魅力をゲストに伝えています。

この体験では、関根さんのゲストハウス運営に密着していただきます。掃除や接客はもちろん、ゲストに振る舞うための自家製パン作りや、畑仕事など、内容は多岐に渡ります。

関根さんと過ごす3日間は、いろんな角度から高野町富貴の魅力を感じとれる時間になるでしょう。

移住のきっかけ

フリーのグラフィックデザイナーとして東京で仕事をしていた関根さん。「第2の人生を田舎で暮らそう」と和歌山へ移住し、古民家を再生したカフェの運営やイベントの企画などを行っていましたが、縁あって高野山への参詣道の古い宿場町の古民家と出会い、歴史ある宿場町「富貴」でチャレンジをしています。

さまざまなプロジェクトを通じて縁を紡いできた関根さんの仕事を通して、ご自身の仕事こと、くらしのことを考える機会としてください。

※11月21日から3月10日までは冬季期間となるためご注意ください。

注意事項

宿 泊 場 所 :ゲストハウス富貴宿
宿泊先住所:和歌山県伊都郡高野町東富貴1142-3