もんぺとくわ

パンの製造・カフェの運営・民泊・農業

会社情報

事業者名(会社名) もんぺとくわ
住所 和歌山県田辺市龍神村西258
業種 食品製造業・宿泊業・農林水産業・サービス業
事業内容 パンの製造・カフェの運営・民泊・農業

田辺市龍神村の街道添いのパン屋さん「もんぺとくわ」。もともとホテルで調理師をつとめていた下山英範さんと下山眞実さんご夫婦が、自分たちが食べるものは、自分たちで育てたいと龍神村に移住し、オープンしたパン屋さんです。お店の名前は、もんぺ姿で畑仕事に精を出す二人の姿からつけられました。

パンは国産の小麦に天然酵母、手ごねに自然力発酵、動物性の物は不使用で、天然塩と天然水で焼き上げています。

店舗にはカフェも併設されていて、料理で使う野菜やお米は、安心して食べられるようにとの思いから、すべて無農薬栽培にこだわっています。

今回体験できる内容

パン屋さんを始めることになったのは、近隣の人たちの要望がきっかけでした。もともと村にはパン屋さんがなく、遠くまで買いにいっていたため、龍神村にパン屋があればみんな喜ぶとの思いから独学でパンづくりを勉強。

移住から4年後の1997年にオープンし、試行錯誤の結果、今では県外からパンを買いにくるお客さんもいるほどになりました。

この体験では下山さんと共に、仕事の基本となる畑作業のお手伝いを行う他、パン作りやカフェの運営のお手伝いをいただきます。希望する体験がありましたらお気軽にご相談ください。

仕事のこだわり

龍神村に移住してから今年で26年目。当初は戸惑いもありましたが、負けん気と前向きなエネルギーで乗り越え、今ではすっかり龍神村の住民になりました。

最大の困難は、2015年の暮れに起きた火事。思い出の詰まったお店と住居を全焼で失ってしまいました。それでも地域の人々から励ましを受け、再起を決意。1年間は軽トラの荷台に土窯を積んで、移動ピザ販売を行い、2017年に現在の形でリニューアルオープンしました。

移住のコツは「心の扉をオープンにして、地域の人々と溶け込むこと」と話す下山さん。移住だけでなく人生の深みを感じる体験になるでしょう。

注意事項

宿 泊 場 所 :もんぺとくわ
宿泊先住所:和歌山県田辺市龍神村西258
宿 泊 代 金 :4,100円〜/泊
そ の 他:公共交通機関を乗り継いでの参加も可能です。