藤井 一馬(ふじい かずま)さん

岐阜県→上富田町

兵庫県神戸市出身。岐阜県で会社員として勤務。スポーツ関係の仕事に就きたくて転職を検討する中で、2017年7月に上富田町に移住。地域おこし協力隊のスタッフとして、小・中学生へのトレーニング指導や、スポーツ競技開催のサポートなどに携わっている。

スポーツ関係に転職を希望

移住前は広告代理業に携わっていた藤井さん。精力的に仕事に励む中で、合間を縫って陸上競技に取り組んでいました。

種目は短距離走で100メートルと200メートルが専門。限られた時間でトレーニングに励み、地元の競技会に出場するなど、積極的に活動していました。充実する毎日を送っていましたが、仕事に少し疲れていたのと、陸上競技を続けたかったこともあり、転職を考えていました。

「スポーツに携わる仕事が希望でした。それに兵庫県出身ということもあって、関西に戻りたかった」と藤井さんは振り返ります。

スポーツ関係の仕事を探している中で、上富田町の地域おこし協力隊のスタッフ募集に「スポーツ観光」という項目があり、興味がわきました。

「スポーツという枠組みの中でも、選手に近い形で寄り添える仕事を希望していました。上富田町の募集内容が自分の希望に近かったので応募しました」。

スポーツトレーナーとして指導

上富田町に採用され、2017年7月に移住。最初の半年は、祭りの手伝いや草刈り、小学校の運動会の手伝いなど地域のサポートに従事。そして2018年2月からは「上富田スポーツセンター」で、地元開催のスポーツ大会の補助や設営、トレーニングジムの受付などに携わっています。

地元開催のラグビー大会の様子

「移住して1年間は選手として活動していましたが、仕事が忙しくなり、選手生活にピリオドを打ちました。趣味で続けて記録が落ちるのが嫌。選手としてのパフォーマンスに戻れない自分は見たくなかったです」と話します。

これまでの仕事に加えて、現在はセンター内にある「上富田スポーツサロン」のスポーツトレーナーとして、週に2回、スクールで小中学生の運動をサポート。スポーツにおける全ての基礎体力・能力を伸ばす「コーディネーション・トレーニング」を指導しています。

「まだ1年半くらいですが、トレーニングによって子どもたちの成長を間近で見ることができることに面白みを感じています」と充実感を漂わせます。

スクールでの練習風景

居心地が良く、暮らしやすい町

上富田町は衣食住に関する物は大抵揃う、暮らしには便利な町。田辺市街、白浜町へもアクセスが良好です。
「上富田町の人たちは皆さん穏やかに接してくれます。それに人との距離感が僕にとっては居心地が良いです」。

子どもたちのスポーツの力を伸ばしたい!

オフの時間には、田辺や白浜へ海を眺めに行くことでリフレッシュ。もちろん今でもトレーニングは欠かしていないという藤井さん。

これからの目標は?
「将来、このスクールから活躍するアスリートを輩出すること。自分自身、もっとスポーツを勉強して、特に陸上に関しては、上富田町の子どもたちの力を伸ばしたいと思っています」。

 

上富田スポーツサロン
和歌山県西牟婁郡上富田町朝来3871
tel.0739-33-7888