どこで暮らす?

太地町

高台から眺める太地港

太陽と自然の恵みがいっぱい 歴史と文化薫るクジラの町

  • 和歌山県で一番面積が小さな町です。
  • 日本の古式捕鯨発祥の地で、町内にはくじら博物館があります。
  • 海岸線には遊歩道が整備され、自然美を堪能しながら散策を楽しむことができます。
  • 郷土が生んだ画家・石垣栄太郎氏の記念館や落合博満野球記念館など文化施設も充実しています。
  • 町内の移動をスムーズにするため「町営じゅんかんバス」が運行しています。

面積 5.81平方キロメートル
総人口 2,968人(2018年3月1日現在)
交通アクセス 【電車・バス】JR新大阪駅から特急でJR太地駅まで約3時間40分
【車】大阪から阪和自動車道→すさみ南IC→国道42号で約4時間
生活環境 【交通】車/コミュニティバス
【お買い物】[町内] スーパー [隣接市町村] ホームセンター/コンビニ/ドラッグストア
【医療】診療所1施設
【子育て】保育機関1施設/小学校1校/中学校1校
定住支援制度 乳幼児・就学児医療費助成(高校卒業まで)
給食費補助
姉妹都市との交流事業(オーストラリアブルーム市)
ワンストップパーソン 太地町総務課
久保(くぼ)さん
お問い合せ 太地町 総務課
〒649-5171 和歌山県東牟婁郡太地町太地3767-1
TEL:0735-59-2335(代表)
Webサイト http://www.town.taiji.wakayama.jp/

くじらの博物館